フィットネスを通じて人と組織を輝かせるフィットネスプロデューサー高橋順彦のブログ

名古屋・伏見の「パーソナルトレーニングスタジオナノ」「ピラティススタジオナノ」を運営する株式会社nano 代表取締役の高橋順彦がパーソナルトレーニングジム経営者、トレーナー研修講師、マイクロジム経営アドバイザー、さらに現役パーソナルトレーナーとしての視点から、トレーナーとして身に付けたい知識、技術、考え方やお客様が喜び、共に働くトレーナー、そして運営者本人がハッピーに働く環境を作るためのヒントをご案内します。
<< 『自己投資』するお金が無くても大丈夫! | main | 「年上に可愛がられ、年下に慕われる」人になろう☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
今までの努力も目指したい将来像も両方適切に認識しよう!

こんにちは、パーソナルトレーニングスタジオナノを
運営していますパーソナルトレーナーの高橋順彦です。

「人と組織を輝かせるプロデューサー」として
ブログを書いています。


思考のクセ、性格と言ってもいいかもしれませんが
トレーナー、ビジネスマンとして成長するためにも
「上と下を適切に認識しよう」と
アドバイスすることがあります。


『上』とはなりたい自分像や目標とする人との<差>です。

『下』とは今まで積み上げてきた努力と
それに伴ってついてきた能力です。

『上』ばかり見る人は
例え褒められたとしても

「まだまだダメなとこばかりです」」
「自信がない」
「私なんて・・・」と考えます。

『下』ばかり見る人は

能力が見合っていなくても「俺って天才!」
リスクを考えずに「成功するイメージしかない」
自分より出来ていない人だけを見て「あの人は使えない」と
考えます。


どっちもアカンやん!

両方見よう!両方!!


今まで積み上げてきた努力、それに伴ってついてきた能力という
基盤を認識し
さらにお世話になった方々、さらにはそんな今を作ってくれた
先人達に感謝しつつ

将来なりたい自分の像を具体的にイメージし
そのギャップを埋めるためにどのようなジャンルの
努力を積み重ねるかを冷静に判断したり

視野を広げて輝いている方々の話を聞き
その方々のようになるために
今の自分から何を積み上げていけばいいかを
見極めつつ

今の自分からなりたい自分になっていく過程を
楽しんでいけばハッピーではないでしょうか?

「ポジティブシンキング」でなく
「ノーシンキング」になっていないか?

周りの方々からの評価をなるべく客観的に
認識しているか?

上も下も両方見るって私の中ではこんな感じです。


 

★☆トレーナー研修、経営コンサルティングの実績、依頼はこちら↓☆★
http://www.studio-nano.com/leader/dispatchform/

【指導者向け勉強会・セミナー開催予定一覧 】
http://www.studio-nano.com/leader/
※開催場所 : 名古屋:パーソナルトレーニングスタジオnano

---------------------------------------------

【 nanoパーソナルトレーナー養成コース 】
 <詳細URL>http://www.studio-nano.com/leader/training/

【 nanoピラティストレーナー養成コース 】
 <詳細URL>http://www.studio-nano.com/leader/pilates/


★60分パーソナルトレーニング・ピラティス
体験実施中!★
http://www.studio-nano.com/trial/


名古屋・伏見駅から徒歩2分の
痛み・姿勢・動き専門の
『パーソナルトレーニングスタジオnano』
『ピラティススタジオnano』
http://www.studio-nano.com  Tel 052-204-6533
代表パーソナルトレーナー・高橋順彦

ビジネス力 | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 06:48 | - | -









http://real-diet.jugem.jp/trackback/2259

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS