フィットネスを通じて人と組織を輝かせるフィットネスプロデューサー高橋順彦のブログ

名古屋・伏見の「パーソナルトレーニングスタジオナノ」「ピラティススタジオナノ」を運営する株式会社nano 代表取締役の高橋順彦がパーソナルトレーニングジム経営者、トレーナー研修講師、マイクロジム経営アドバイザー、さらに現役パーソナルトレーナーとしての視点から、トレーナーとして身に付けたい知識、技術、考え方やお客様が喜び、共に働くトレーナー、そして運営者本人がハッピーに働く環境を作るためのヒントをご案内します。
<< トレーナーができることの一般的認識について〜その1〜 | main | トレーナーができることの一般的認識について〜完結編〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
トレーナーができることの一般的認識について〜その2〜
昨日からの続きです。

『トレーナーがサポートできる事は
 まだまだあるが、その力・役割が正しく認識されていない』

ということについてです。


例えば、急に腰痛になった場合に
どこに行こうと思うでしょうか?


病院の整形外科、マッサージ、カイロプラクティック
接骨院などをまず考える方が多いのではないでしょうか?


腰痛には様々な原因がありますが
私はまず病院の整形外科に行き
医師に診断していただくのを
オススメします。

でその後の対策がカギです。

多くの場合、安静にしていれば
痛みは和らいでいきますが

腰痛になった原因を
根本的な解決をしないと
再発する可能性は十分あるわけです。

その根本的解決に
トレーナーは力を発揮できるのでは
ないでしょうか?

その人の身体の柔軟性や筋肉の出力の
バランスをチェックし、アンバランスな部分を
整えていき

負担をかけている動きのクセを分析し
その改善方法を提案する。

この私からすればものすごいシンプルなことを
するだけで、腰痛が軽減する方は
驚くほどいらっしゃいます。


・痛くなったら病院へいく
・コリを感じたらマッサージへいく

その場の違和感を取り除くだけを
考えてはいないでしょうか?


確かに私も歯医者さんは
定期診断のススメのはがきを見ながら
歯が痛くならないといかないなぁなんて
考えますが(笑)


また、腰痛になった人は
根本的解決のために
『腹筋を鍛えればよい』ということは
わかっていて、自分で実践していても
腰痛が再発することがあります。

なぜかというと・・・
やはりここでもトレーナーが必要なのです!

思わず熱が入ってきました(笑)
続きはさらに明日です!
- | 23:55 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 23:55 | - | -










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS